神社と寺院の御朱印・御朱印帳データベース

サイトマップ

メニュー
  1. ホーム
  2. ブログ 一覧
  3. 御朱印巡りはカメラも一緒に

御朱印巡りはカメラも一緒に

写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は写真撮影のお仕事でした。本格的なカメラマンではないのですが、頼まれ仕事ではじめて料理写真を撮影させていただきました。慣れない仕事なうえに、お金をもらえるレベルでもないのに、気さくなオーナー様で助かりました。

カメラのきっかけも御朱印から

写真はもともと好きで旅行などのときには必ずコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)は持って行っていましたが、一眼レフカメラを買って本格的に趣味で撮るようになったのも御朱印をもらいはじめてからです。御朱印がいただける神社や寺院は立派で歴史的な建物があることが多く、誰もが写真をきれいに撮りたくなると思います。

どんなカメラを買えばいいか

「きれいな写真を撮るにはどのカメラを買ったらいいの」とよく聞かれますが、ざっくりすぎてとっても難しい質問です。

それは、高価なカメラを使えばきれいな写真は撮れると思いますが、予算に合わないと買えないでしょうし、取り扱う技術、知識も必要です。さらに、いいカメラはだいたい重くて、素人しかも女性が持ち運ぶには現実的ではないからです。御朱印巡りをするにはやっぱり軽さも購入時の判断基準になってくるでしょう。

このようなことから、はっきりこれというのは難しいのですが、最低限「予算(値段)」、「重さ(軽さ)」、「画質(きれいさ)」ところがポイントになってきます。

一眼レフ、ミラーレス、コンデジ

この3つの種類の違いがわからないというのもよくある質問です。

詳しく説明すると、難しい話になってしまうのでここでは書きませんが、簡単に違いを説明します。

値段: 【高い】 一眼レフ > ミラーレス > コンデジ 【安い】

重さ: 【重い】 一眼レフ > ミラーレス > コンデジ 【軽い】

画質: 【良い】 一眼レフ > ミラーレス > コンデジ 【悪い】

3つの判断基準を比べると、こんな感じです。一眼レフは画質は良いが重くて高価。コンデジは安くて軽くて持ち運びやすいが画質が悪い。ミラーレスは一眼レフとコンデジの良いところも悪いところも中間という感じです。

ちょっと昔なら手軽なコンデジも購入の選択肢に入っていたかもしれませんが、今となっては手軽なスナップ写真はスマホで充分、高画質な写真が撮れる時代なのであえてコンデジを買う必要性はなくなってきていると思います。

なので、選択肢は一眼レフ、ミラーレスです。実際のところ、ミラーレスも一眼レフカメラの一種で、その名の通りカメラ内部の鏡を取って軽量化した一眼レフですが。

で、一眼レフ、ミラーレスはどっちがいいの

これは本当に人それぞれで判断してもらうしかないです。ですが、簡単な判断基準で書いておくと

携帯性重視ならミラーレスです。たとえば、スマホよりいい画質で撮りたい、旅行ではそれなりにいい写真を撮りたいという方におススメです。

特にお子さんのいる家庭用では、一眼レフ買ったほうがいいでしょう。軽いカメラというのは手ブレがおきやすく、手ブレを防ぐにもある程度重さがあるか、三脚等で完全に固定しないといけません。動き回るお子さんや、スポーツをしているお子さんの動きを撮るならミラーレスよりも一眼レフカメラの方が得意です。また、重くてもとにかくいい写真が撮りたいという人も一眼レフ以外の選択肢はないですね。

一概に一眼レフといっても入門機からプロ仕様までピンキリなんですが、入門機より上のレベルになると本気の趣味か仕事のレベルになってくるので、自分で調べても苦にならない人だと思います。ご自身でいろいろ調べて納得いくカメラ選びをしてもらえたらと思います。

【送料無料】 キヤノン EOS Kiss X70【EF-S18-55 IS...

【送料無料】 キヤノン EOS Kiss X70【EF-S18-55 IS...
価格:42,980円(税込、送料込)

キヤノンEOS M10 ボディ ホワイト(キ...

キヤノンEOS M10 ボディ ホワイト(キ...
価格:40,640円(税込、送料込)

まとめ

基本的に、このホームページの御朱印、御朱印帳のページにのっている写真も今のところ自分で撮った写真です。日付で追ってもらうと、写真とカメラのレベルアップが感じてもらえるのではないかと思います。知識も技術も、失敗と成功を繰り返して徐々に上手くなってきますね。偉そうに言ってますが、まだまだ、素人に毛が生えたくらいのレベルです。

そんなわけで、納得のカメラを選んで御朱印巡りに出掛けましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
page top